いらっしゃいませ。ごゆっくりご覧ください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
観たのはもう一ヶ月前のことになるが、2話分の感想だけを書かないのはすっきりしないので、今更ながら改めて感想を書く。

25話は特に書くことなし。
ただ、23、24話が神懸り的な面白さだっただけに失速したような感じは否めなかった。

そして最終話。
まず、きくりの正体が意外だった。
そんなに重要なキャラなら一話使って掘り下げて欲しかった。

蜘蛛もそうだが、お婆さんの正体は結局何だったのかもはっきりして欲しかった。

柴田親子が出てきたのは一回だけだったのも残念・・・一期からのファンへのサービスだったのか?
成長したつぐみが観られたのは良かった。

一期以上に謎の残る、消化不良気味な終わり方だが、あいが記憶を亡くしてしまった以上三期はなさそうか。
三藁も解散してしまったし・・・まあまた新しい地獄流しをするキャラとお供が出るかもしれないけど。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hashinomierufuukei.blog41.fc2.com/tb.php/883-a9a0322f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
品質評価 41 / 萌え評価 6 / 燃え評価 3 / ギャグ評価 3 / シリアス評価 61 / お色気評価 6 / 総合評価 23レビュー数 31 件 そしてついに拓真の名前が地獄通信に書き込まれた。彼の前に地獄少女が現れる。物語の終わりは誰も想像できない出来事だった…。
2007/09/04(火) 17:21:26 | ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。