いらっしゃいませ。ごゆっくりご覧ください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
里奈の見合い相手「20過ぎても大人の実感なかったしなぁ」
自分もそうだな・・・30歳になってもそうなんだろうか。
しかしこの見合い相手、最初見たとき25ぐらいかと思ったw
35歳だったとは。

美千代は里奈が子供の時から無表情だった。
子供時代の里奈って髪型以外の外見がきくりみたいだな・・・顔が同じだからか。

介護されてるからと言って卑屈な態度にはならないという美千代。
絶対卑屈と謙虚を履き違えているな、このお婆さんはw

結局美千代の世話をすることになり、やがて地獄に送ることを決意する里奈。
まず世話するのをやめて、どちらが上の立場なのか思い知らせようというのは考えなかったんだろうか。
地獄に送ることを除けば、美千代みたいな人にはそういう手しかないと思うが・・・
まあ里奈が世話をやめても父親がやるだろうけど。

骨女「(現世も)地獄だったんじゃないかね、あの婆さんにとって」
親父はともかく、里奈に冷たく当たっていい理由にはならない気がするが。

次回「ゆけむり地獄旅の宿」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hashinomierufuukei.blog41.fc2.com/tb.php/845-b8991e2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
「あのひとの記録」萌えが足りない!!今回は、子供の頃家を出て行き、今は交通事故で介護が必要な冷たい母が戻ってくる話。父の一存でそれは決まったものの、横暴な態度を続ける母の存在に父は日に日に疲れていき
2007/02/11(日) 10:36:57 | ラブアニメ。
今までのお話はこんな感じ…一話地獄少女 二籠 閻魔あいちゃん帰って来た(〃∀〃)ポッ二話地獄少女 二籠 人間のクズは死んでいいですね(-_-#)三話地獄少女 二籠 三者三様…(ノ ̄□ ̄)ノ┻━┻四話地獄少女 二籠 運命のいたずら…(・・?五話地獄少女 二籠 輪
2007/02/11(日) 10:48:15 | zenの日記
名前は?            武田里奈            あの人が来なければ幸せだったのにねぇ!  そうよ…あの人さえ居なければ… でも 私は頑張る!お父さんの
2007/02/11(日) 15:28:44 | とことん青春!~二籠に魅せられて・・・☆
第拾八話「あのひとの記録」   介護保険の適用の話しとリアル過ぎです(汗 2期シリーズに入ってからこの作品の終着場所が解からないぐらい怖いぐらいに走っています 1日だけの日記婚約も決り幸せ絶頂の時にその現実は彼女に訪れました あの日自分達前から去っ
2007/02/11(日) 18:56:32 | 睡魔と戦うのって大変だ
[[attached(2)]]今回の依頼人は武田里奈。結婚も決まって、幸せな時を過ごしていたが・・・そこに幼い頃、里奈を置いて出て行った母美千代が交通事故にあい下半身不随になって家に戻ってくる。このことは父である公平の判断によるものだった。美千代は里奈と公平に我儘を言
2007/02/11(日) 19:36:55 | リリカルマジカル
ネタが古すぎたかもしれない(-。-;)えーっと元ネタわかる人はどれくらいいるんだろう?という疑問はさておき感想を・・・。今回の話は悲劇系ではなかったですね。切ない感じ・・・?結婚を間近にした里奈の元に母親が戻ってきました。何ヶ月前、一週間前~と振り返る感じ
2007/02/11(日) 21:38:36 | 真舞彩度 美味しい飴。
『あのひとの記録』
2007/02/11(日) 22:37:56 | マニアックにあこがれて
『あのひとの記録』私は閻魔あい・・・半信半疑だったくせに呼んだ? 「それは地獄少女だった・・・」・・・・・・そうよ。だったらわかるでしょ?テレビでも噂のソレは、忙しいの。ハイ藁人形・・・説明聞く? いらない
2007/02/12(月) 19:12:59 | ACGギリギリ雑記
今週の『地獄少女 二籠』第十八話。※サブタイを間違えてトラックバックしてしまったBlogger様,ご容赦を。
2007/02/12(月) 22:26:34 | 彩賀の徒然なるままに…
 愛されたと感じたことはなかった。 笑顔さえ見たことはなかった。 形式的な絆は想いを繋ぐ細い糸ではなく、 ただ献身を強要する――、 鉄の鎖。 遠い遠いあの日の過ちが、 今精算されようとしていた――。
2007/02/13(火) 17:47:27 | 月の静寂、星の歌
アニメ感想 地獄少女 二籠 第18話「あのひとの記録」 <あらすじ> 武田里奈(たけだ・りな)は、結婚を間近に控えた女性。世間では行き送れ、とも言われかねない年齢だが、ようやく縁が巡って来た。彼女をほとんど男
2007/02/14(水) 16:02:45 | 刹那的虹色世界
覚えていた ――…
2007/02/16(金) 07:16:24 | 日々の徒然言
地獄少女二籠第18話「あのひとの記録」の感想。今回のはここ最近のに比べればソフトな内容でしたが、それでも哀しいお話。自分以外の女が産んだ子どもを愛せるかと言われればどうでしょうね。しかもその子を認めれば自分の存在を否定しかねないとくればそれはなおのこ
2007/02/16(金) 20:54:28 | アニメ探索小隊
地獄少女 二籠 箱ノニ (完全限定生産)結婚が決まり、里奈は大いなる幸せに浸っていた。しかし、そんな彼女の元に一本の電話が入る。それは、かつて自分の下を去っていった母が帰ってくるという知らせだった・・・。
2007/02/17(土) 12:13:30 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
品質評価 0 / 萌え評価 13 / 燃え評価 0 / ギャグ評価 4 / シリアス評価 59 / お色気評価 22 / 総合評価 18レビュー数 22 件 ついに結婚を決めた里奈は、将来に夢を膨らませていた。そこへ一本の電話が入る。それはかつて家を出て行った母が戻ってくるという知らせだった。
2007/08/01(水) 18:39:23 | ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。