いらっしゃいませ。ごゆっくりご覧ください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夢使いに続きまたしても不思議な感じのOPが。
曲名も「19歳」でインパクトがあるな。

主人公の四月一日君尋は思っていたよりはしゃぐキャラのようだ。
もしかしてこれは笑うアニメか?
それにしても四月一日で「わたぬき」はないだろww

「ヒツゼン」として壱原侑子のいる「ミセ」に向かう君尋。
何とも和風なのか洋風なのかわかりにくい、独特な感じだ。
しかしこの侑子というキャラ、外見は地獄少女が成長したような姿だな。
何か恐ろしい力を持っていそうだ。

こちらも想像以上にはしゃぐ、マルとモロ。
この2人の萌えターゲットはわかりやすい・・・w
マルダシはともかく、モロダシはないだろww

君尋の時計を対価として勘定しない侑子。
まさにジャイアニズム・・・w

今回はAパートがやたら長かった気がする。
びんちょうタンの最終話はやたら短く感じたが・・・

目をかっぴろげて少女を取り込むアヤカシ。
蒼星石パフェの赤いほうの目を思い出したw

君尋とアヤカシの関係を縁(えにし)で説明する侑子。
ますます地獄少女っぽくなってきたなw

EDは特に印象に残るわけではないシンプルなもの。
まあモコナが急に起きたのには多少びびったが。

製作はアヤカシ研究会、か。
安直にxxxHOLiC製作委員会じゃないのがいいな。

次回予告のナレーターは侑子。
やっぱりxxxは読まなくていいのかw
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hashinomierufuukei.blog41.fc2.com/tb.php/383-a4be64ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ー、キ、ニイシ、オ、、。」 。ヲ・??ッタ隍ホニ簣ニ、ヒ、ト、、゙、キ、ニ、マ。「、エシォソネ、ホタユヌ、、ヒ、ェ、、、ニケヤニ
2006/05/01(月) 16:17:28 | adderall
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。