いらっしゃいませ。ごゆっくりご覧ください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2回目の「聖少女領域」。
これもだんだんいい曲に思えてきた。

薔薇水晶の不敵な笑み。
水銀燈に劣らず不気味だ。

翠星石の横顔。
片目しか見えないと普通の人形だな・・・

自分の棚を真紅と雛苺のスペースにされたジュン。
・・・まあ家来になった以上仕方ないか。

相変わらず暗い部屋で勉強、読書にいそしむジュンと真紅。
真紅は明るさを気にせずに本を読めるのだろうか。

雛苺「翠星石も雛と一緒だからみそっかすなの」
翠星石「そうです・・・じゃなくて!」
ノリ突っ込みw
陳腐とはいえ笑った。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hashinomierufuukei.blog41.fc2.com/tb.php/101-6bb8278a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ようやく関西地上波では第2話が放送。実質14話とも取れるだけあって、最初からシリアスに行きますねぇ。なかなか書きづらいのでどうしようかと思ったのですが、感想形式は第1期のときと同じく軽いあらすじ+感想で書いてきます。いきなり襲いかかってきた薔....
2005/12/18(日) 18:51:29 | パズライズ日記
槐「Enju」この回の見所は、真紅とジュンの言い合いの場面でしょう。真紅の心情の変化による声の変化に注目すると面白い。薔薇水晶のことをみんなには内緒にしてとJUN君に頼む真紅。問題を一人で抱え込むタイプです。翌日、朝っぱらから雛苺と翠星石がドタバ...
2005/12/18(日) 21:09:22 | アニメは声優
品質評価 15 / 萌え評価 29 / 燃え評価 17 / ギャグ評価 8 / シリアス評価 19 / お色気評価 8 / 総合評価 17レビュー数 57 件 翠星石や蒼星石をまじえ、いつものようににぎやかな桜田家の朝だが、真紅がひとり起きて来ない。前夜の出来事が心に重く圧し掛かっていたのだ...
2007/11/12(月) 22:29:21 | ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。