いらっしゃいませ。ごゆっくりご覧ください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブックオフにてARIAを2巻まで読んだ。
イタリア関係の話がなかなか面白かった。
立ち読みでサッと読むのではなく、家でじっくり読みたい漫画だと思った。
ついでにげんしけん9巻とガンダムさんの2巻も読んだ。
板ばさみにされるザク隊長がかわいそうだった。

大江戸ロケットは程々にテンションが高く、観ていて癒される作品だった。
一方先週のポリフォニカは、脚本も酷かったがそれ以上にあまりの作画の崩れ様にAパートで気が滅入り、Bパートではそれを通り越して笑いっ放しだった。
この酷さはオリンシスを通り越して、財前1話とタメを張れるレベルじゃないかと思う。
挙句の果てに、原画スタッフの中に金正男という人がいたしw
神曲奏界ポリフォニカ 7話 「第7楽章ヴァイオレンツァ黒い追跡者」
内閣権力犯罪強制取締官 財前丈太郎 第1話 「追跡者…チェイサー」

コナミがビートマニアのキャラをウサミミフィギュア化、2500体予約で商品化
俺もビーマニ始めるわ。

クロノトリガー・生みの親と育ての親
聖剣3って共倒れだったのか・・・
調べたら2の半分ちょっとしか売れていないなんて。

そろそろ天才キャラナンバーワン決めようぜ
秋山深一というキャラを知るためにライアーゲームを読みたくなってきた。

パンチラが見たいアニメキャラ
読む前は「そんなキャラ別にいない」と思っていたが、言われてみれば鶴屋さんやレナのは気になる。
スポンサーサイト
ひだまりスケッチが終わった。
宮子がなかなかの良キャラだった。
一方、沙英は最後まで好きになれなかった。

後番組の大江戸ロケットもなかなか面白そう。
製作がマッドハウスだから期待できるし。
ハヤテに続いての若本&釘宮の共演も楽しみ。
大江戸ロケット
ひだまりスケッチ


久々にTOAの3週目を再開。
ここにきて敵の攻撃、防御力が上がり、アンノウンのボスがかなり辛くなってきた。
ロニール雪山での六神将3人は、Lv80で挑んだらボコボコにされた。
Lv88まで上げ、かつ友人に手伝ってもらうことで越すことができた。
やはり2人プレイは強力だと再認識(特に回避面で)。
次のアブソーブゲートでのヴァンは、Lv90で戦ったらHPを20万/52万ぐらいまで削れたが、ライフボトルを使い切って全滅した。
Lv100まで上げると半時間ぐらい掛けてやっと倒せた。
シンボルエンカウントでレベル上げは辛い・・・

おじさんの絵本
デスノパロが笑えた。

ローゼンが終わるから、水銀燈は他のマンガに移るようです
銀「ならば今すぐジャンクども全てに英知を授けてみせなさぁい」
・・・漫画じゃないな。

【ハルヒMAD】 帰らぬ日々よ ハルヒ⇒キョン
これはかなり良質。

もってけ!セーラーふく らき☆すた OP ファミコン(NES)
製作者の技量に感心すると共に、すごい脱力感が・・・w
クイズマジックアカデミー4をプレイした。
2回やって、修練生7級まで進められた。
清涼飲料水、特にアミノサプリが絡む問題がやたら多かった。
アニメ、ニュース以外のテレビをほとんど観ない自分にとってはCMや芸能の問題が難しかった。
今回はとりあえずどんなものなのか体験するためにやってみたが、まあまあ楽しめたしプレイ料金もお手頃だったので、また筐体が置いてある場所に行ったときはやってみるか。

一昨日の新潟競馬のメインレース、中ノ岳特別を勝ったのはランダムシードという馬だった。
調べたところ統計学の用語らしい。
ぜひJpnIに出てきて欲しい名前だが、もう5歳だし可能性は低いか・・・
ちなみに、Yahoo!競馬にて馬名を「ガンダム」で検索したら7頭も出てきて驚いた。

ここだけガンダムファイト日本予選
>>1が一番笑えた。

中国の遊園地「オリジナルキャラだ!あらぬ疑いをかけられて大変迷惑してる」
キャラクター自ら撮影料を要求ww

久多良木氏退任では解決できない「成功体験」の恐ろしさ【コラム】
PSPでミリオンヒットとは、さすがカプコン。

アニメクイズやるよ~\(^o^)/
1,2,5,6,16以外わかった。
TOAのせいで屑といえばアッシュを連想するようになってしまった。
ニコニコ動画のアカウントを取得した。
IDが76万台だった。
60万台以降はログインできる時間が制限されているようで、もっと早くに取っておけば良かったと後悔。
このサイトに行ったのは久々だが、見ない間にかなり動画が充実していて良かった。
日本語だし、個人的にはYouTubeより暇潰しができそう。

笑笑という居酒屋で食事をした。
照明が暗くてメニューが少し見辛いのと、ピザがポテチ並みの薄さでボリューム不足もいいところなのが気になった。
しかし焼き鳥はどれも結構美味かったし、ピリッと辛いタレも良かった。
後で、ブラック企業の名高いあのモンテローザ系列の店であることを知ってちょっと切なくなった。

FFの就職活動
偽りのサークル活動w
源氏の鎧は盗まないのか。

米国議会が「慰安婦」問題にご執心の理由
アメリカってそこまで弁護士の影響力が強い国だったのか・・・

mixiやっている有名人リスト最新版
ジョンイルのページがなかなか面白かったが、今見たら退会していて残念。
観たのはもう一ヶ月前のことになるが、2話分の感想だけを書かないのはすっきりしないので、今更ながら改めて感想を書く。

25話は特に書くことなし。
ただ、23、24話が神懸り的な面白さだっただけに失速したような感じは否めなかった。

そして最終話。
まず、きくりの正体が意外だった。
そんなに重要なキャラなら一話使って掘り下げて欲しかった。

蜘蛛もそうだが、お婆さんの正体は結局何だったのかもはっきりして欲しかった。

柴田親子が出てきたのは一回だけだったのも残念・・・一期からのファンへのサービスだったのか?
成長したつぐみが観られたのは良かった。

一期以上に謎の残る、消化不良気味な終わり方だが、あいが記憶を亡くしてしまった以上三期はなさそうか。
三藁も解散してしまったし・・・まあまた新しい地獄流しをするキャラとお供が出るかもしれないけど。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。