いらっしゃいませ。ごゆっくりご覧ください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
往壓の前に現れるアトル。
見かけから察するに活発な子かと思っていたらクーツンデレっぽいな。

往壓の「往」は古代の王の権威を表すという。
実際にそうだったんだろうか・・・それだったらなかなかためになるアニメだなw

次回「ひとごろしのはなし」
往壓が人を殺した、の意味が気になる。
[天保異聞 妖奇士第4話「生き人形」:腕組み宰蔵]の続きを読む
スポンサーサイト
・3話
今回の追加シーンは体育。
月ってやっぱりどんなスポーツでも得意なんでしょうかね・・・

アイキャッチのデスノートのルール。
相変わらず字幕が小さすぎて読めません・・・何とかならないものでしょうか。

次回「追跡」

・映画版
ところどころ僕になっていたものの、月の一人称が俺になっていますね・
先に原作を読んだからでしょうが、個人的にはやっぱり僕のほうがしっくりきます。
あと、全体的に月の性格が少し攻撃的になってる気がしました。

バスジャックに使われたバスのボディにミサの姿がw

指で銃を作って総一郎達を撃つL。
バンバン言いすぎですw
ニアじゃないんだから、ここまで子供っぽくしなくてもいいと思うんですがね。
髪型も原作みたいにツンツンしてませんし。
差別化を図ったのかもしれませんが。

月をキラと推測して問い詰める南空ナオミ。
詩織を人質に取ってたし、実写版のナオミは怖い人でした。

眠っているLに毛布を掛ける総一郎。
鹿賀氏の演技もあるでしょうが、総一郎はかなりかっこよくなっていますね。

結果として詩織を殺してしまった月。
かなり残酷な月ですね・・・2部ではどうなるのか。

最後に月とLが初対面。
甘いものオンリーかと思っていたらポテチも食うんですね。
もしかしてあの小型テレビに気付いた?

予告映像でレムが。
違和感はありませんが、声が完全に男性ですね。

全体的に期待外れな出来でした。
2部に期待します。
このMUSASHI後継者候補アニメも今回で4話目。
相変わらずOPの曲はいいな。
タイトルがdestinyなのは何かの冗談にしか思えないがw

戦いの末、ボロボロになるセレナ。
いかにも早死にしそうな雰囲気が漂ってる・・・もしかして近々死んでしまうのか。
薬が効かないという言葉の意味が気になるな。
アンドロイドなのか?

次回「緑色の迷宮」
弁当を作るためち料理にいそしむもも子。
本買いすぎw
実は金持ちなのか。

孝士に押し倒される妄想をするもも子。
いくらなんでもそんなストレートにはやらないだろww

次回「仁義なき暗殺計画」
電車内で仮面を付け、カレン達と再会するルルーシュ。
カレンは声で気付いたりしないものなのかな・・・
やはり声ってなかなか印象に残らないものか。

折角救い出されたのに、軍事法廷に出ると言うスザク。
ルルーシュもギアスの力を使って引き止めればいいのに。

次回「皇女と魔女」
1:35からというのに注意。
城の地下に連れて行かれる往壓達。
門がえらくハイテクだなw
中は鍾乳洞だしw

アビが差し出した食べ物を払う往壓。
このシーンは問題があると思うんだが・・・食べ物を粗末にするなんて。
しかも夕方6時のアニメで。

次回「生き人形」
今回はほぼ原作をなぞっている感じだった。
敢えて言うなら月の和訳と、授業が終わるのを退屈そうに待つリュークが面白かったぐらいか。

アイキャッチはデスノートのルール。
字幕が小さすぎて読めないってw

キラに呼びかけるL。
確かに声は変えたほうがいいだろうが、くぐもり声が何か聞こえにくい・・・
颯爽と表れる謎の黒いロボ。
こいつの動きには笑ったw
特にパンチのモーションは、第三のMUSASHIかと思わせるほど。

トキトを平手打ちするセレナ。
このビンタの動画枚数が少なすぎw
こりゃネタアニメ決定かも。

次回「灰色の戦場」
孝士のクラスメートが映される。
・・・一人ハルヒみたいな女子がいなかったか?w

孝士のクラスメートになるもも子。
転校って・・・何てベタな展開w
名前書くときもも子だけでかいしw

西郷さんにもも子打倒をお願いする不良3人。
風林火山高校ってw
読んでる本はツンデレラだしw
放送されることを当日まで知らなかった。
折角なので1話は観てみることに。

内容はタイトルから想像できる通り、雑誌編集者の生活をリアルに描いたもの。
リアルすぎて観ていて辛かった・・・orz
げんしけんもリアルすぎるのだが、ここまで鬱になるものではないのに。

主人公の声優が田中理恵。
彼女にセックスセックス言わせているのはすごいと思った。
確かにリアルだけど下品な作品だな・・・
クロヴィスを亡き者にするルルーシュ。
2話でカミーユが終わったか・・・
カットされていたがそれからどうやって逃げ出したんだ?w
後で思い出して吐きかけてるし。

カレンと会話中、理科の実験の準備を忘れていたことを気付かされるルルーシュ。
ベタな優等生キャラでも「やべっ」なんて言うのかw

ギアスの力を教師を使い試すルルーシュ。
試験の問題聞き出すって・・・そんなせこい使い方をしなくてもw
歴史の授業は見事なまでにイギリス万歳な教育だしw

お互いの正体を探りあうルルーシュとカレン。
心理戦とまではいかないだろうが、この辺は何かデスノートの月とLの読み合いみたいだったな。

次回「その名はゼロ」
自分にとっての今期最大の期待作、デスノートが始まった。
製作会社であるマッドハウスは前々から評判が良かったらしいが、1話の出来を見ると確かにクオリティが高かったな。

OPとED。
アニメーションはどちらも手が込んでいて良かった。
曲はOPがかっこいい。

音原田九郎を裁く月。
この時逃げ出した園児達の中にハルヒみたいな女子がいたような・・・w

月にリンゴを差し入れする幸子。
だからといって丸ごと持ってこなくてもw

1話は月が新世界の神になる宣言をしたところで終わり。
次回はLの声が聴けそうかな?

次回「対決」
主人公の声がBLOOD+のカイと同じであること。
主人公とヒロインが揃ってツンデレっぽいこと。
これぐらいしか印象に残らなかった。
初回から専門用語を出しすぎだと思う。
多分来週からはもう観ない・・・
前回はなかったので今回が初めてのOP。
アニメーションは良かったが、曲は逆さまの蝶ほどインパクトがないな・・・
まあこれから好きになる可能性は十分あるが。

喫茶店(レストラン?)で彼氏と会う弥生。
彼氏が何か若い一みたいだな・・・
5~10話ぐらいからまた出てくるのかな。

交差点で苦悶する弥生。
青信号のシルエットが輪入道みたいになってるw

結局地獄通信にアクセスし、地獄少女に依頼する弥生。
今回は見たところ相手の名前を知る術がなかったようだが、それでもいいのかな・・・

地獄少女から復讐のルールを聞かされる弥生。
妹の真意を知った時は辛かっただろうな・・・
今回はもらってすぐに糸を引いたな・・・もしかして28回中初めて?

今回人形になったのは一目蓮。
それにしても今回は彼が目立っているな。
この弥生への執着も何かの伏線なんだろうか。

夜道を一人で歩く女に声をかける犯人。
この時の女は骨女かと思ったがあいだったか。
ああいう髪型もするんだな。

事実を認めるよう犯人に迫る一目蓮。
これって罪を認めたら許してもらえるとはいかなくてもある程度容赦してもらえるとか?

地獄流し後、チラシ配りを続ける弥生たち。
両親に真実を話してしまえばいいのに・・・

次回「愛しのけいちゃん」
トキトにキスするテア。
このキスの意味は一体・・・?
確かにテアは好感を持ってはいそうだが。
しかしテアってキャラデザがキャラデザだけに

ラクス+ミーア+ルー(ZZ)÷3

という感じがするな。

アイリの声。
苺ましまろの美羽とよく似た声だな。
テロリストを指揮して帝国軍を蹴散らすルルーシュ。
こういう主人公が天才な作品を自分は好きなのかもしれない。

ランスロットに乗って今度はテロリスト側を圧倒するスザク。
やっぱり生きていたのか・・・撃たれた場所が良かったのかな。

次回「偽りのクラスメイト」
始めて見るオープニング。
ぱにぽに並に監督の名前がでかいなw
まあ気持ちはわからんでもないが・・・

女であることを往壓に見抜かれる宰蔵。
なんで頬を染めるのかよくわからなかったが、それなりに可愛かったからまあいいか・・・

次回「華江戸暗流」
17時からということに気をつけなくては。
もも子の声がイメージしていたのと少し違う気が。
もっと高くてハキハキしたイメージだったので・・・

孝士を付け回すもも子。
孝士が振り向いた瞬間にゴミ箱に隠れてたのには笑ったw

自転車に乗った人とぶつかりそうになる孝士。
法律云々以前に、明らかに歩きながら本読むほうが悪いだろw

孝士の父に決闘を申し込むも勝てなかったもも子。
親父が目からビーム出してるしww
絶対格闘技じゃないだろw

孝士は検事になることを目指しているだけあって成績が良い。
しかし学校のテストで120点てw

孝士に弁当を作ってあげたもも子。
思っていた通り料理下手キャラかw
蛙なんか食って本当に精力がつくものなのか?w

次回「天然爆熱少女」
冒頭であいが地獄少女になった経緯が。
あの蜘蛛は一体何なんだ?
今シリーズの最後のほうで明かされるかな。

1期に続き今回も1話は学校での虐めの話。
毛虫や人体模型の描写に力が入ってるな・・・ぞっとする。

友人に理科準備室へと誘われあっさり付いていく被害者。
普通は多少なりとも警戒するものだと思うが・・・w

友人は放課後に先生が被害者の筆箱に毛虫を入れるのを見たという。
筆箱って毎日持って帰るものだと思っていたが、そうじゃない人もいるのか。

復讐する相手を送信後、被害者の所に現れるあい。
逆さまになってる・・・わざわざ脅かさなくてもw
契約する場所まで一瞬でワープしてるしw

契約後、先生に準備室に連れ込まれる被害者。
下駄箱で会ってから準備室に行くまで彼女は抵抗しなかったんだろうか・・・?
またカットされていたが。

隙を突いて藁人形を引っ張る被害者。
奪われたのにいつの間にか取り返してるw

地獄少女達にお仕置きされる先生。
先生役の人は演技が下手だな・・・と思っていたがここらは上手かったな。

次回「うたかた」
主役の竜導往壓は39歳という設定。
MBSの公式サイトに「テレビアニメ史上おそらく最高齢のヒーロー」とあるが、もっと上がいそう。
でも具体的に挙げろと言われたらパッと出てこない・・・

声は藤原啓治。
ネイサンに続いての出演・・・そういや今回もオカマキャラがいたが、さすがにその役はさせないかw
この人が主役というのは新鮮だな。

1話目の面白さはBLOOD+と同じぐらいか。
さすがにあの作品よりはグロくなさそうなのでテレビ局としてはまだ安心して放送できるのでは。
ただ、浮民という差別される存在があるという設定は大丈夫なのかな・・・

Aパートで男性複数の入浴シーンがあった。
絵柄も絵柄だし、もしかしてこれも女子がターゲットなんだろうか・・・w

次回「山の神堕ちて」
コードギアスに続いてこれもロボット物っぽい。
ただ向こうが女子向けなのに対しこっちは男子をターゲットにしたような感じがする。
1話目からお色気シーンが結構あったし。

作画。
キャラデザが平井氏だけあってやっぱり種に似ている。
ただ1話目にしては作画が妙に崩れるな・・・と思ったら外国に丸投げだったか。

OPの曲名が「destiny」なのには笑った。
EDと共にあまり印象に残らなかったのは残念。
OPはエウレカの1期OPみたいな曲だな・・・
と思ったらやっぱり同じバンドが歌っているのか。
それにしてもDaysとよく似た曲だ。

内容。
ロボットアニメということもあるだろうが、展開が種と似ているという印象を受けた。
久しぶりに再開した主人公の友達が敵側にいたり、主人公が覚醒したりw
まあまだ1話だしこれから変わって行くのだろうが・・・
日本という固有名詞を出すのは吉と出るか凶出るか・・・

キャラクター。
クランプ原案だけあってか、ホリックのような細身が多いw
しかも美男子キャラが目立つし・・・女子向けかこのアニメは?

EDはアリプロ。
これもローゼンのOPと曲調が似ているな・・・

アイキャッチと次回予告は手抜きにしか見えない・・・
まあそれなりに面白かったし来週も観てみるか。
OP、EDは普通。
作画は悪くない。
どっちかと言えばいいほうか。

キャラクターがどうも女子受けを狙ったような感じがする。
主人公がショタっぽいし・・・

ストーリーは無難という表現がぴったり。
小学生が観ても問題ない(むしろ少年少女のほうが楽しめそう)なので、夕方に放送しても良いんじゃないかと思った。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。